About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月6日(火) ナポレオン学園ともしばらくお別れ。


仕事から帰ったら思ったより疲れていた。

大会の予定もないのでランニングはすぐにあきらめた。
市民ランナーの川内選手が東京マラソン出場を宣言していたが。
うらやましい限りだが宣言するだけで出場できる人もいるのだ。

市民ランナー肉体労働枠も作って欲しいものだ。



土曜日からウレタン削りをやっている。
吹けば飛ぶような将棋の駒と比べても明らかに比重の軽いウレタン。
ポップコーンみたいな削りカスを出しながら。

見た目には少しも大変そうには見えない仕事なのだがやったことのある人ならわかる苦労だ。

発泡ウレタンを全部剥がしてしまうのならなんてことない仕事。
コンクリートの壁に噴かれたウレタンの厚みを保ちつつ削り落として行く。

ウレタンの上からボードを貼るGL屋がやってきて“こんなんでGL貼れるか!”
ひと暴れしたあと俺が呼ばれた。
雨水の集中砲火を浴びながら雨養生をやっていたので電話に出なかったのだ。
つらい仕事に耐えた自分にご褒美気分でいたが携帯電話には狂ったような着信履歴。

あ~あ。

文句言われてヒステリックになっている監督と文句たれた興奮冷めやらぬGL屋の修羅場の熱気冷めやらぬ現場へ。


トホホ仕事の日々だったのだが。
全ての元凶になっていた監督は失脚させられたようだ。

後からやった中堅の監督でデキル風のスタイルなのだがダメなのはモロバレ。
もとからいるずっこけキャラの若い監督のほうがよっぽど信用出来た。

ウレタン初日あたりからみんなの非難の的になっていたのだ。
言ってることも余計なお世話的でまとはずれだった。
それらしいことを言ってはいるが中身はまったくない。
いるんだよなあこんな感じの人。
ハウステンボスマラソンの人にも同じ匂いを感じていたのだが。

今日になって様子が変わった。
完全に担当を外されたわけではないようだが主導権は奪われた感じ。

所長どずっこけヤング監督が仕切っている。
“ええカッコしい”監督は建物の中に入ってくる様子はなくうろうろしていた。

“ええカッコしい”監督は基本的に所長のスタイルを真似ているようだが中身がない。
情熱を感じない。
所長は目的のためなら平気でカッコ悪いことも出来るタイプだ。


明日からナポレオン学園は開けになった。
“使うだけ使ってお金が払えなくなったら困るから”だそうだ。

こんなことをクールに言うが金払いは悪くないようだ。
請求になってグダグダ言うよりよっぽどカッコいいぞ。

なかなか立派な所長なのだ。
ずっこけヤング監督も悪くはない。
出来るふりをしないだけでも立派な人だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。