About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月6日(金)  ロングトレインランニング


6セレブマンションリディアード
56分04,01秒。


IMF専務理事に感じの似た名ばかり専務理事から電話がかかってくる時間に間に合うようにランニングを切り上げたのだが。
名ばかり専務理事からは音沙汰なし。

名ばかり専務理事は忙しいようで仕事が終わってコンビニでドロリッチを買って駐車場まで歩く5分ちょっとの時間しかコンタクトがとれない。

ドロリッチと俺とどっちが大事なんだ!

今年になってはじめて話したのは4日の夜。

野麦峠や蟹工船は過去の物語ではないようだ。

名ばかり専務理事は正月に同窓会に参加したらしく送られてきた写メにはIMF専務理事というよりはレディ・ガガみたいな女が写っていた。
仮装同窓会だったのか?


しかしレディ・ガガは世の中に広く浸透しているようだ。
おそらく象徴的で分かりやすくのだろう。

年末に笑っていいともにブラック・アイド・ピーズのウィルが出ていたが誰もウィルを知らないようだった。
なんだか有名な人といった扱い。

ブラック・アイド・ピーズといったら21世紀最大のビッググループだと思っていた。
日本でもアリーナツアーやってるし観客動員数もレディ・ガガの比ではないはずだが。
一般の認識は低いのか?

俺が前に使っていた携帯電話は“ぶら”と打つだけで“ブラック・アイド・ピーズ”と変換候補が出てきたのだが。
今の携帯電話では変換候補は出てこない。

ブラック・アイド・ピーズも落ち目なのかも知れない。

ただレディ・ガガとブラック・アイド・ピーズのファーギーを比べたら断然ファーギーだな。

世界の八代亜紀と言っていいだろう。
演歌歌手がもつ社会性みたいなものをファーギーはもっている。

レディ・ガガには弾き語りのライブハウスで“負”のエネルギーで歌っているような女の子怨念みたいなものを感じてしまう。

あまたさぶらう“負”の怨念がレディ・ガガとなって具現化したような。


名ばかり専務理事はレディ・ガガになってしまったのか?

ファーギーであって欲しかった。
ファーギーにはゲゲゲの鬼太郎の猫ムスメみたいな部分もある。




現場は足柄カウンティー。
このままではランニングライフは危機的なのだが。
アッキーの左目は新沼謙二のままだ。
密かに“嫁にこないか”の練習をしているのかも知れない。



足柄カウンティー現場は今週いっぱいのはずだったのだが。
来週も?

なにやら懲罰的な手配だ。

昨日からクリスチームは新編成。
比較的ヤングと部屋内に入った。

現地の人やKGBは靴を脱いで部屋内に入るようなキャラクターではない。

新チームは21歳の年末失恋くんが中心。

みんなに恋愛の相談をしているが俺には一切訊ねてこない。
人間を見る目は確かなのかも知れない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。