About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月3日(金) 東京マラソン財団の意地


7セレブマンションリディアード
57分25,00秒。


背中の痛みの原因がわかったような気がする。
おそらく布団だ。
羽毛布団を使っているのだが。
俺は羽毛布団をうまくコントロール出来ていない。
普通に1時間も羽毛布団にくるまっていたら汗だくになる。
冬場は時々汗だくになってしまってあわてて下着を取り替えたりしているのだが。
汗だくにならない時も多い。
おそらく無意識に布団をはいだりして熱を逃がしているのだろう。
俺の寝かたを考えると右の背中をむき出しで寝ているのかもしれない。
背中を冷やしているのだろう。

背中にカイロを貼って寝るのはどうだろう。
帰りにカイロを買ってみよう。
試行錯誤の毎日だ。



東京マラソンの必需グッズ穴開けパンチを買った。
去年は穴開けパンチがないばかりに人間の小ささを露呈してしまったが。
今年はもう大丈夫!

東京マラソンのみならず東京マラソン財団が運営する大会のナンバーカードの穴はなぜだか小さい。
安全ピンで留める人は問題ないが。
ナンバーカード取り付けグッズを用意している人は取り付けることができない。
直前になって気がついて慌てる人は多いだろう。
去年は無意味に絶望的な気分になってしまった。
ランナーのハートはデリケート。

しかしナンバーカード取り付けグッズは優れモノ。
シャツに穴を開けることなくナンバーカードを取り付けることができる。
俺なんか安全ピンだと走ってる間に錆びてきてシャツに錆びがこびりついてしまう。

ナンバーカードに付けてもいいようなセコいプラスチックなのだが。
おそらくパテントとかあるのだろう。
買うとけっこう高い。

東京マラソン財団はナンバーカード取り付けグッズのメーカーと対立するように穴が小さいのだ。


おそらく東京マラソン財団は最初ナンバーカードに安全ピンではなく取り付けグッズを付けることを考えたのではないだろうか。
メーカーと交渉したのだが破格の要求に断念。
あんなプラスチックがなんでそんなに高いんだ!
“じゃあ穴小さくしちゃうもんね!”
東京マラソン財団の意地と取り付けグッズ開発者の意地のぶつかりあいがあったかどうかは知らないが。
毎年2月になると穴開けパンチの需要が高まる現象はしばらく続きそうだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。