About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月2日(月) インタビュー・ウィズ・バーバリアン


10セレブマンションリディアード
1時間23分33,16秒。

日曜日ゴロゴロ寝てしまい夕方になってようやく走った。
気温はそれほど上がらないが空気は春の空気だった。



1日中寝てた。
こんなに眠れるのは春先に限ったことだろう。
せっかくだから存分に眠っておくことにした。

珍しくエッチな夢もみた。
もうちょっとのところで起きてしまったので続きをみようとまた寝てみたが。
そんなに都合よくはいかなかったが。
耐火披覆が出てこないだけでも救われた。

エッチな夢にしても単に性的なだけで無条件の快楽などではなく微妙な葛藤の夢だった。

耐火披覆の夢にしても耐火披覆に苦しめられているのではなく“わぁーどうしようかな?”と悩んでいる感じなのだ。


昼間ずっと寝ていたので夜には眠れなくなるかとの心配もあったが。
普通に寝ていた。

副交感神経が活発化する春なのだろう。
駅のホームや電車の中にもヤバい人が増えてきた。



現場はガンダム現場。
ガンダム現場はなぜだか泳いでいる。
トイレの男女のサインとかがなんとなく泳いでいる。
水泳関係の建物ではなさそうなのだが?

お台場とdiverをかけているのかもしれない?



ガンダム現場の所長はちょっとした変わり者だ。
他の現場にはないような独特のルールを作ったり。
養生なんかのえらく細かい、むしろ間違いじゃないかと思うような部分にもうるさかったり。

その姿からも変わり者感を発散している。

東京大学を出ているらしいが50歳を越えていると思うのだがなんとなく学生みたいな感じも漂わせている。
学生みたいな感じもすると同時にどこか老人みたいにも見える。

ねちねちと細かいところがあるようでみんな疲弊しているようだが。
職長として接していないせいだろう、俺はこの所長が嫌いではない。

彼のオリジナリティーは彼一流のものだ。
その具体性は責任の所在を明確にしている。

卑怯者ではないだろう。


しかしわが社のクローザーであるオカヤンはさすがに疲弊しきっていた。

リリーフ職長として乗り込んだ初日の新規入場教育でガッツン!
ガッツンとやられたのはオカヤンではなく下請けバーバリアン。

下請けバーバリアンはもう一目見ただけでダメだとわかるのだが。
そこはオトナの社会の見て見ぬふりでお互いになんとかやり過ごしているのだが。

ガンダム所長は自らひとりひとり丁寧にインタビュー。
“この現場の前はどこに行ってましたか?”
アワアワアワアワ
この程度のやり取りが成立する人間だと苦労はないのだ。
“あなたはアルバイトかなにかなんですか?”
アルバイトの定義がなんなのかよくわからないが。
“ハイ”

ガンダム所長はじわじわとバーバリアンをあぶり出して“どういうことだ!”と怒り出したらしい。

あっぱれ!
ガンダム所長あっぱれ!

ガンダム所長あんた最高だぜ!

そういうことなのだ。

すべての問題の根源はそこ!

10人中アワアワアワアワ2人ぐらいだったらガンダム所長も文句はないだろう。
アワアワアワアワの群れを2人ぐらいで操らなくてはならないのが現状。

そう!
カタログやサンプルと商品が著しく違っているのだ。
不当表示と言っていいだろう。


食品業界で言ったなら会社の連中は売り物の商品を食べたことがない状態。
“クレームがこないからいいんじゃない。”
クレームが来たら取り替えればいいとしか考えていないのだ。

ガンダム所長ごもっとも!

かなり変わった人だけどどこか嫌いになれないところがある。

独特の細かい養生の指示はやっぱりヒドイことになってたけど。
俺たちから見れば初歩的な注意点なのだ。

気持ちはわかるけど養生ってきっちりやればいいってもんじゃないんだよ。



とにかく端から見てるぶんにはなかなか面白い人だ。卑怯な感じがまったくないのが心地よい。
立場の違いを利用した理不尽な言いがかりではなく、ぐうの音も出ない状態に追い込む。
やられたとしてもどこかスカッと。

インタビュー・ウィズ・バーバリアンは笑えた。

しかしオカヤンはマジに疲弊しているようだ。


俺もあちこちで通用しなくなっているし。

いろいろと限界が来てるなあ。


ガンダム所長は動物で例えるならバッタみたいな感じがある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。