About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月12日(木) 浮き世になにか久しかるべき。


2012041211150000.jpg
金のかかる女と自負する女は帰っていった。


今日は朝から晴れたので花見再チャレンジ。
苺とスプマンテを買って午前中から飲んだ。


金のかかる女と自負する女は今日も魚肉ソーセージを食べていた。

昨日はブランドの店みたいなところで自分でバックと時計を買って満足しきっているようだ。
買い物のあと吉祥寺のいつものうなぎ屋で食事をしたのだが。
麹町でミシュランうなぎ屋を体験してしまった俺にはすべてがみすぼらしく見えてしまった。

金のかかる女と自負する女にはミシュランぐらいにしとくべきだったと。
ただミシュランうなぎ屋はそれほど高いわけでもない。
安くはないがリーズナブルとも思えるところがある。

高いというのはホテルオークラのビールみたいのだ。

点心のさいに俺だけビールを頼んだのだが値段にびっくりした。
正解に覚えてはいないのだがグラスビールが1180円とかだったと思う。

贅沢ではなく無駄遣いに思えてしまった。
ビール代はミルトンさんが払ったのだが。
俺が納得していないぶんだけ申し訳ない気がした。

あの価格設定はあの空間から俺みたいな貧乏人を排除するためにあるのかもしれない。

もし1180円になんらかの付加価値が認められたなら俺みたいな奴らが“凄いビールがある!”話の種になんて言って続々やってくるのかもしれない。



朝から花見のあとはとくになにをするでもなく帰りの準備。


何ヵ月もレストランとかで食事できない忙しさの金がかかる女と自負する女のためにも南青山あたりのフレンチレストランでランチでもと考えないでもなかったが。

結局羽田のキハチで食事。
金がかかる女だと自負する女はキハチのウェイトレスに人気があるようで久しぶりだと歓迎されていた。

彼女は帰っていったがもう一回往復できるマイルがたまっているらしい。


浮き世になにか久しかるべき
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。