About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月14日(土) 聞いてないよ!東京マラソン2012の出走権があったものは除外する!


2012041411570000.jpg
東京マラソン2012の出走権があったものは除外する??

もっとちゃんと読んでおくべきだった。


雨のリトライ東京・ハーフマラソン。
雨だけならまだしも寒い。
昨日より10℃低いのは夜になってからで昼間はもっと寒いようだ。
大会が中止になってくれないか。
そんな思いでサイトを見ていて発見した。

“東京マラソン2012の出走権があったものは除外する”
キリ番順位でハーフマラソンは100位200位300位400位500位600位700位800位900位1000位2013位の11人が一番でなくても東京マラソン2013の出走権が得られる大会なのだが。

※東京マラソン2012の出走権があったものは除外する
2013の間違いじゃないよね?

俺ダメじゃん!

大会当日の朝になってから気づく浅はかさ。


こんな冷たい雨の中なにをたよりに走ればいいのか?

迷いながらも電車に乗った。
明大前では早くもリトライ野郎どもが。

東京マラソン2012の出走権がなかった野郎どもの瞳は冷たい雨の中でも輝いている。
せめてものモチベーションがない。

リトライ野郎ども!
東大島駅の小松川口はこっち側だよ!
東京マラソン財団の大会素人なのか?
笹塚の乗り換えでリトライ野郎どもは反対側に歩いていった。


エントリー開始と同時に大会要項のすべてが発表されていたのか?
マラソン大会の場合順次に詳しい内容が発表されていく場合がある。
俺がエントリーした時点ではキリ番順位はまだグレーzoneだったような。


これまでの人生でも書類とかをきちんと読んでいなかった失敗はある。


“東京マラソン2012の出走権があったものは除外する”ってのも理解できないやり方ではないし。


とにかく今日に限っては東京マラソン2012が当たらなかった人がひたすら羨ましい。

もし俺がキリ番順位に当たったら次の人に権利が移行されるようだ。

つまり俺の次にゴールすれば確率は2倍なのだが。
順位はネットタイムなので最初からずっと俺の後ろを走っているしかないのだ。


都営新宿線が新宿を過ぎたらもう走るだけのファッションのリトライ野郎も表れはじめた。

しかしマラソン大会の当日になっていつも思うのだがランナーの中に入ると俺はダントツに太っている。

大会の当日の走る前にはいつもダイエットするべきだと思うのだが。
走り終わるとコロッと忘れてしまうのだ。



今日の大会にも俺みたいにうっかりエントリーのランナーもいるだろうなあ。

都営新宿線の車内もリトライ率が高くなってゆく。
リトライ娘も増えてきた。

こんな寒い中よく走る気になるよなあ。

一駅ごとにリトライ率上昇。

荷物預かり制限時間30分前なのにまだ電車の中だ。

今回は受付は終了した状態でナンバーカードとチップが送られている。

雨だしみんなギリギリを狙ったようだ。
考えることはみな同じわけだ。


東大島駅を前に新宿線の車内はほとんどがリトライ野郎とリトライ娘に。



雨の荷物預かりは最悪だ。
芝生の広場の真ん中にあるのでみんなが行き来してるあいだにぐじょぐじょの泥沼状態。
もっと舗装してるところに作るべき。
テントの通り抜けもできないしテントのあいだにスペースもないのでぐるっとまわらなくてはならなかった。

更衣室など足りるわけもなくみんな近所の橋の下で着替えていた。
そのうち苦情がきて大会は開けなくなるかもしれない。

記録はネットでとのこと。
いずれにしてもあの寒さの中あれ以上並びたくはなかった。

ゴールした時の時計は1時間49分02秒だった。

とりあえず目標の50分は切れた。


スターターは藤原新だった。
藤原新は諫早高校出身だが俺と同じ匂いを感じる。
勉強できない匂いだ。
ダブルローの匂い。

ダブルローは諫早高校卒業と認めてもらえないようなどこがあった。

なんとなくダブルローの匂いを感じる。

藤永佳子には感じない匂いだ。


“ダブルロー”久しぶりに思い出した言葉だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。