About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月28日(月) ドバイの風


日曜日なのに現場は麹町。
さすがに残業はなしだった。

ホラ男爵のブーツストラップ・シモムラのホラは冴えないがゼネコンに対して鋭い分析をしていた。

麹町の現場のゼネコンは2年ぐらい前からヘンテコなことになっている。

いわゆるリストラとは別の人員削減ではないstructureの再編があったようではあるのだが。
現場はそれについて行けてない感じなのだ。

いわゆるゼネコンってやつは日本独特のものらしい。
ダメダメだった新入社員がゼネコン周辺のコミュニティーに揉まれて一人前の監督になっていく。
そんな感じだったのが皆さんなんだか独立させられているようだが。
うまく機能しているとは思えない。

麹町の現場はグタグダの極致。

ただ駿河台の現場に行った時に新たなstructureの正しいカタチを見たような気がした。

ただ新たなカタチはリーダーがかなり優秀であることが求められるだろう。
厳しい淘汰を経てそこに立っているプロフェッショナルの集まり。

問題なのは淘汰を経てそこに至るまでのインセンティブが成立していないところだ。

そこに集うインセンティブが職長手当て1000円じゃあなあ。
底辺レベルから成立してない感じだが。
どあたまも人材は不足しているようだ。

どうしてこんなことになっていったのか?

ここからがブーツストラップ・シモムラの意見なのだが。
“ドバイ行ってた連中が帰ってきたあたりからだな。なんか変なモノに影響されたんじゃないの。”


ホラ吹き野郎だがワールドワイドな観点に思わず納得してしまったのだ。

だだホラ吹きだから話半分で聞くことにした。



本日調べた単語。
arguing=議論する:アーギューだったのか!
nod=うなずく
rubbing=こする・あんま・揉む
giggling=クスクス笑う
peals=響き・轟き
heck=怒り
huddle=ごちゃごちゃに積み重ねる
crave=~をしきりに欲しがる
ravenously=空腹で・ガツガツ・ムシヤムシヤ
desperately=必死になって・絶望的に
nibble=少しずつかじる:この前調べたばかりなのに
trudging=とぼとぼ歩く
swallowing=ぐっと飲み込む
poking=突っつく
frighteningly=ぞっとするほど
pinched=やつれた・縮こまった
calmly=静かに:うっかり調べてしまったがカームだったとは
recess=休み・休憩
wrestle=レスリング
exhaustion=使い尽くすこと・枯渇
incidentally=ついでに言えば・ところで
gutter=溝
vaguely=漠然と・あいまい
crouching=屈む・しゃがむ
damp=湿気のある・じめじめした
shivering=震え・身震い
gazing=熱心
luscious=甘くて美味しい・香りがよい
vital=生命の
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。