About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月25日(月) magnetic field 東陽町


ミルトンさんのお誘いで日曜日のディナーは百合ヶ丘の“いくどん”。
ホルモン焼き屋だ。

下北沢にもあるようだが百合ヶ丘の店にしか行ったことはない。

泥酔して帰った。


二日酔い気味で現場は東陽町。
しかも7時集合。

20年ぐらい前に新築の時にちょっとだけ行ったことのあるホテルの改修工事。
ホテルの名前に“21”ってのが入っているところがいかにも20世紀の建造物って感じがしてしまう。
21世紀になってしまった現在、わざわざ名前に“21”はいらんだろう。

東陽町の駅に着いて駅の地図を見てみたが現場が見当たらない。
一瞬違う駅だったかと思ったがそうではなかった。

駅の南側だとばかり思っていた現場は駅の北側にあったのだ。

もしかすると昔来たときには都営新宿線の駅から来たのかもしれないと思ったりもしたのだが。
違った。

現場に着いたら方向感覚が180°びっくり返ってしまった。
修正してもすぐにまた元に戻ってしまう。

方向感覚には自信がある俺で方向音痴の人が今一つ理解できないでいるのだが。
これかあ!

なんだかちょっと楽しくもある。

方向感覚を狂わせる磁場みたいなものが働いているのかもしれない。


監督を頼りにするしかないと思ったが。
監督は本物の方向音痴だった。
再就職系の監督で昔どこかで見たことのある人なのだが。
“えっと?ここは何階だっけ?”
まずそこからわからなくなっていた。
方向音痴以前の話だが。
扉を開けると100%の確率で反対方向にあるいてしまう。
本物だ!
10時休憩あとには俺がナビゲートする始末。
向こうも完全に俺を頼りにしていた。

建物の中が複雑で確かにわかりにくいのだが。
それと方向感覚を狂わせる磁場は別。
建物を出ても方向感覚がおかしくなっていた。


本物監督はホテル側の管理の人がうるさいと愚痴っていたが。
今どきそんなの普通だよ。
俺が見たってそんなのダメだよ。

激動の昭和を生き抜いた男なのだろう。

今どきの若い監督にありがちなババ抜きやってるような無責任さは感じない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。