About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月3日(火) 侮れない近隣おばちゃんだった。


2012070309060000.jpg
2セレブマンションリディアード
30分20,83秒。

足首・膝・肩が痛む。
全部右側だ。
俺の右半分はどうなっているんだ?


月曜日がお休みだったのだが案の定可燃ゴミを出しそびれてしまった。
ゴミの日の休みは要注意だとわかっていても出しそびれる。
とくに可燃ゴミの回収は思っているより早いのだ。


寝すぎて首が痛くなってしまった。
首の痛みはどちらかと言ったら左側。

もう全身が痛いってことだ。
こうやって完全なじいちゃんが出来上がるのだろう。
おふくろはジュンイチのことを“いいじいちゃんになった”と評していた。
俺はいいじいちゃんになれるのか?
これからは“いいじいちゃん”を目指して生きるべきかもしれない。



現場は池袋。
乗り換えは多いし荷物も多いのでマチルダは持たずに出勤。
昨日まとめて読んだのでこのままでは日曜日までもたなくなりそうだ。

どうやらマチルダも映画化されているらしい。
キャストが気になった。
マチルダのお父さんがポイントだ。
ぴったりの役者がいる。
アルマゲドンとかにも出ていたと思う。
調べたのだが全然わからない。
ちょっとヒスパニック系が入っていてヤバそうな役ばかりやっている人なのだ。
写真を探そうと頑張ったがわからなかった。

映画ではダニー・デビートがやっているらしい。
ダニー・デビートは素晴らしい役者だがマチルダのお父さんとはちょっと違うと思う。

フォレスト・ガンプの戦争で片足になった人でもいいぐらいだと思う。

ダニー・デビートだと“役不足”って言うか釣りバカ日誌みたいになってしまいそうな。
大物過ぎるのだ。

それに過酸化水素で髪の毛を脱色するところはどうなっているのか?

やっぱりアルマゲドンの人だろう。



ジェイコムで面白い映画をやっていた“3時10分”とかいう映画だ。
ケンちゃんが好きそうな70年代男のヒリヒリ映画のテイスト。
いわゆる西部劇なのだが。
こんな映画があったとは。
グラディエーターの人が出ていたが主役ではない。
ラッセル・クロウだ。

アルマゲドンの人の名前がわからない。



マチルダを持ってくるべきだった。
午前中はほとんど仕事ができない鳶さん待ちだ。
暇なのでゴーヤを移動させられた。
現場でゴーヤを栽培しているのだが邪魔になってあちこち移動させているようだ。
ネットを外したまま放置されていたようなのだが。
その状態で成長してしまったようで。
カオス状態。
なんとかネットを広げてみたがゴーヤはズタズタ。
このまま成長するのか?
ゴーヤの栽培方法でも調べてみるか。
暇だから。


アルマゲドンの人がわかった!
スティーブ・ブシェミだ!
マチルダのお父さんは絶対にこの人。
マチルダのお父さんのために役者になったと言ってもいいような人だ。
スティーブ・ブシェミのスケジュールを待って撮影してもいいぐらい。

ダニー・デビートよりはギャラは安いと思うのだが残念なことだ。


池袋の現場は近隣仕事。
隣のビルのオーナーがうるさいらしくて近隣の外壁養生なのだが。
このオーナーのおばちゃんが建築にヤケに詳しい。
養生のやり方にも注文をつけてきたのだが。
それはまさに俺が朝から監督にこうやったほうがいいんじゃないと言ったやり方だった。
本当におばちゃんの言う通りなのだが。
監督のアイデアで材料を発注してしまっているのでだったらそれでとなっていたのだが。
監督のアイデアのほうが材料代もかかるし問題も発生する可能性がある。
おばちゃんはきちんと建物を管理しているようで養生によって発生する問題もきちんと理解している。
失敗した経験もあるようで若い監督よりはよっぽどきちんと考えているのだ。
“クラフトさんの養生は‥‥”とか業界のこともよくわかっているようだ。

おばちゃんのアイデアも取り入れてしまったので材料も再発注。
またしても材料待ちになってしまった。
最初からおばちゃんと相談して発注すればいいものを。
おばちゃんは虚ろではないのだ。

こんなことならマチルダを持ってくるべきだった。
“待ちにはマチルダ”だった。


終わってからも待たされた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。