About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月4日(水) ダニー・デビートの野望


現場は綱島。
下請け君と二人だ。

下請け君は普段はスレート屋らしい。
slate?

さっき調べた単語じゃないか!
ミス・ハニー先生の家は人間がドリーウしていると言うよりは人形の家みたいに小さくてグレーのスレートの屋根だったのだ。

スレートは完全に頭に入ったぞ!

しかしスレート屋ならいいかもしれないが階級社会と言われるイギリスだからなのかマチルダには差別的な表現が多い。
“お前の親父は下水道屋か!”みたいなのがあった。
下水道屋の子供は読まないと想定しているのだろうか?
日本人のメンタリティーでは受け入れられないような。
教育現場に受け入れられないような児童文学なのだ。
そんなの日本じゃあんまりないような。
階級社会なのかと思ってしまった。



ダニー・デビートがなぜマチルダのお父さんにキャスティングされたのか気になって調べていたら。
映画マチルダの監督と制作がダニー・デビートになっていた。
自分がマチルダのお父さんをやりたくて映画を作ったのかもしれない。

梶原一騎だとか大映ドラマみたいな昭和40年代的なものはロアルド・ダールの影響を強く受けているのかもしれない。

マチルダには番長マンガ的な極端さがある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。