About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月30日(月) 今日からアッホ夫婦


2セレブマンションリディアード
30分37,60秒。

暑かった。


冷房をガンガンにかけて鼻水をたらしながらジョージのマーベラスメディスンを読み終わった。
もっと簡単に読めると思っていたのだが案外難しく1週間かかってしまった。

しかしダール作品と言うのはなんとも言えない微妙な結末だ。

昼間にタイムバンディト邦題はバンディトQってイギリス映画を見たのだが。
これも妙な結末。
主人公の少年がろくでもないミゼット達と冒険をする物語だ。
ダール作品の中でミゼットという言葉がしばしば悪口として使われているが。
どうなのだろう?

タイムバンディトは主人公の両親がクライマックスも終わった後で死んでまう。
悲劇的ではなく“あれあれ死んじゃった”みたいな感じなのだ。

ダール作品においてもマチルダは完全に親を捨てているし。
マーベラスメディスンも一種の親捨てだ。

イギリス人には親捨てのメンタリティーみたいなものが浸透しているのか?

ハリウッド映画的なヒューマニズムがいくらか幼稚に思えてくる。
スピルバーグ映画に出てくるような厄介な子供は最初からぶん殴られておしまい。


今日からツイッツという話を読みはじめた。
“馬鹿ども”みたいなタイトルみたいだ。
邦題を調べてみたら“アッホ夫婦”
のっけから痛烈な髭キャラ批判。
髭キャラがどれだけ馬鹿なのかが延々と続く。
電車の中で思わず笑ってしまった。

現場はナポレオン学園。
毎日暑い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。