About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月26日(金)全員早飯現場


ロザンヌ・ロザンナダナの練習だった。

俺は左右がよくわからない。
道路みたいに進行方向みたいな規則性があるといいのだが。

“右側のヤツを取って”なんて言われると“右側ってどっちなんだ?”と思ってしまう。
どっちもアリだと思う。
相手の立場になって考えたらいいのかもしれないが。
相手がこっちの立場だったり。
俯瞰的な視点も入ってくる。

俺は左右が苦手なのだ。


この話をシモムラにしたところ“意味がわからない”と言われたことがあるのだが。
まさにその日に左右のトラブルにみまわれた。

エレベーターの養生を撤去して復旧する仕事があったのだが。
シモムラは撤去する材料に復旧のためにマーキングしていた。
背面右上とか側面左下みたいにだ。
しかしこのマーキングの規則性がわからない。
背面右の向かい側が正面左になってたり。

どうしてこんなことをなんの疑問も抱かすにできるのか不思議だったのだ。


エレベーター業界ではどうなっているのかエレベーター屋のカミジに尋ねてみた。

エレベーター業界では正面の入り口に立った視点が基本らしい。
背面右の向かい側は正面右。

仕事において左右はわかりづらいものではあるのだが。

シモムラの左右認識はでたらめに思えた。


しかし左右を疑問なく使える人たちはこの“でたらめ”を共有できているとも考えられる。


左右が苦手な人間はある種の学習障害なのかもしれない。


ちょっとした学習障害を抱えている人は案外多いらしい。

成績をつけられない先生がいるらしい。
5段階評価だったら単純にテストの成績を20%のグループ分けをすればいいだけだと思うのだが。
それができないようだ。
ダイチはそれを“抽象化できない”と言っていた。

アッキーが仕事を人工化できないと言っていたがそれに近いものがあるのかもしれない。
アッキーは計算全般が苦手らしいが。
そんなにバカな感じでもないし。


普通に立派な仕事とかをやっていても実は時計を理解していない人だとかもいるという。


俺の左右音痴もその仲間かもしれない。



下請けさんにファイバーモップをかけられない人が多いのも学習障害かも。
クイックルワイパーを大きくしたようなモップなのだが。
ターンするときに床にあわせて軸を回転させなければならない。
できる人は何にも考えずにできるのだ。
軸を回転させるのも説明のために気がついた程度なのだが。
どんなに丁寧に説明してもできない人はできないようだ。


立体図形を見れない人もいたなあ。
立体図形を理解できないのではなく。
立体図形を見ると気分が悪くなるらしい。

これは学習障害とは違うかもしれないけど。



人間っていろいろだな。



現場は狛江の大学病院。
病院現場が続くってことは世の中のお金は病院に集中しているのか?

あと学校現場も多い。


昼飯は病院の食堂で食べた。
看護学校とかも一緒になっているのだが。
現場の人間は12時までに出ていかなくてはならない。

全員早飯現場なのだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。