About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月19日(月) A Room of Hojoh


マンションを買ってしまった。

そもそも風呂の換気扇に微かなノイズを感じたのがはじまり。
そろそろ引っ越そうかと思いはじめたのだ。

ウチのポストにマンション販売のチラシが入っていた。
普段はそのままゴミ箱行きなのだがなんとなくチラッと読んでみた。
なんだかヤケに安かったのだがよく見てみたら地下マンションだった。

ちょっと冷やかしみたいな気分で見学に行ったのだが。

ずいぶんキレイな若いお姉ちゃんが案内してくれた。
地下マンションはやっぱりピットの匂いがした。
地下はなしだがけっこう売れているみたいだ。
1階と2階を見せてもらったがそれなりの値段だった。

しかしキレイなお姉ちゃんとだったら払っていけそうな気分になってしまった。
あんなキレイなお姉ちゃんのお勧めを断れる男がいるものだろうか?


気がついたら手付金を払う話に。

ぼったくりバーだと考えるならずいぶん上品だ。

来週の木曜日にまたお姉ちゃんと会えることになったのだが。
それまでに200万円と7500円を払わなくてはならない。
200万円が悪の組織、7500円がお姉ちゃんの取り分だとしてもまたお姉ちゃんに会えることに違いはない。


人間の器を考える場合住処は器そのものかもしれない。
そう考えるならあまりにも小さい。
それを認めてしまうようなマンション購入。

今のアパートの荷物が入るのかどうか怪しい。
マンション建築の現場で仕事したりしているが。
俺たちが入り込んでいるのはよっぽどの物件だと思い知る。

池尻大橋もマンション現場だが36平方メートルのワンルームもある。
俺が買ったのは30平方メートル。
小さい。

クリーニングも雑だった。
池尻大橋は内覧前のクリーニングをやっているのだが。
池尻大橋と比べたら俺たちが入る前よりもレベルが低い。
もっとも池尻大橋はちょっとやり過ぎなのだが。



現場は池尻大橋。
池尻大橋のマンションを見る目が変わってしまった。
本当に立派なマンションだ。
クリス“方丈の間”とは比べものにならない。
池尻大橋は硬派な男マンション。
方丈マンションはどちらか言ったら女マンション。
いやいや完全に女マンション。
ちょっと気になっているのがエントランス。
最近流行りなのか外から見えるところにソファーが置かれている。
ほとんど座っている人など見たことないし。
そもそもあの場所にソファーは必要なのか。
“座らないでください”の張り紙があってもいいくらいのソファー。
ソファーとして作られたのにほとんどソファーの役割をはたせない。
悲しみのオブジェソファー。
今のところそんなに違和感はないのだが。
数年のうちになんだか恥ずかしいモノになってしまいそうなオブジェソファー。
そんなオブジェソファーのあるマンションが駅から並んでいる。
エントランスもオブジェソファーも駅から段階的にセコくなっていて。
その最終段階が方丈のマンション。
あのソファーはいつまで置いとくつもりなのか?

買い物帰りにいったんエントランスでソファーに座る?
ちょっと恥ずかしい。

女の人はあんなのが好きなのかなあ?
流行りだとしてももう終盤に入ってそうだ。

ただ池尻大橋は土地がよくない。
方丈マンションの立地はかなりいい。
遺跡があったあたりなのだ。
3万5000年ほど前。
まだ固定資産税の概念すらなかった時代。
原野の中で住処を決める時に選ばれた土地。
根本的に人間が住むのに適していると言っていいだろう。
高井戸の地主・内藤庄右衛門の邸宅があった近所だ。
古代・中世・近代・現代と人間が住み続けてきた土地。

稚拙な土木技術の発達でなんとか住める土地とはわけが違うのだ!

ひかえ!ひかえ!
頭が高い!


借金の工面のために明日は仕事を休むことにした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。