About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月18日(水) シロガネーゼパワーとの遭遇


インターネットと接続していなかった?

俺のスマホはなんにもできなくなっていった。
なにをやっても“ページが見つかりませんでした”
ついにはメールの送信すらできなくなってしまった。
スマートフォンというより純粋携帯電話としてしか機能しなくなってしまった。

確かスマホを遠隔操作して使い方を教えてくれるサービスに加入していたはずだ。
やさしいお姉さんが手取り足取り遠隔操作で。

トライしてみたのだが、そもそも遠隔操作はインターネットと接続していることが前提条件。

万事休すかと思ったがお姉さんは果敢にも電話を使ってインターネット接続のやり方を伝授してくれた。
冬山のレスキュー隊なみのモチベーションだった。

お姉さんの顔がわからないのが残念だが。
勝手に“松たか子”似と決めつけた。
インターネット接続が完了するとお姉さんは俺のスマホを自由自在にあやつりはじめた。
勝手に矢印とか出して説明してくれた。
わからないことがあったらいつでも電話してくださいと言ってくれた。

推定松たか子似のお姉さんと1時間ぐらいお話できる素晴らしいサービスがスマホにはある。

おかげさまでクリス日記再開だ。



現場は白金台。
いわゆるシロガネーゼっていう人たちと初めての遭遇。
シロガネーゼは思っていた以上だった。

現場の近所には飲食店もコンビニもない。

昼飯砂漠地帯なのだが詰所になっているビルの隣にはブックオフがあってちょっとした食事ができる店が入っている。
その店でもいいかと思って評判を尋ねてみたら、職人が入るような雰囲気ではないらしい。
あそこに行ってる人はいないと言われた。

ブックオフなのに?
値段が高いわけでもないのだがシロガネーゼのバリアが職人を寄せ付けないという。

これはチャレンジしてみようと行ってみたのだがシロガネーゼのバリアは思っていたよりも強力だった。

店は混んでいるわけでもないのだが入り口周辺のシロガネーゼパワーにはじき飛ばされてしまった。


宝石とかが自然だった。
ブックオフがシェ・マツオになっていた。


自発的アパルトヘイトでバーミヤンへと向かった。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。