About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月12日(土) 秘密とウソの天秤


2セレブマンションリディアード
28分51.22秒。

これが10,000メートルだったら箱根駅伝でもエリートクラスなのだが。


住宅ローンの書類また印鑑の捺し忘れがあった。
速達で送ってきたが朱肉がなかったので100円ショップで買ってから速達で送り返してから走った。

断捨離マンションの不動産屋の女の子は可愛いのはいいがちょっとドジ子ちゃんだな。
言ってはいけないこともあるのだろうが結果的に俺に対していくつかのウソもついてしまっているし。

ただ秘密を守りながらウソをつかずに物事を進めるのは案外難しい。

守秘義務現場がそうなのだ。
打ち合わせにもウソがあったりする。
こなれた監督だったら“実は…”みたいな感じでうまい具合にもっていくのだが。
ガチガチの人は最後までガチガチ。


近隣の反対運動のノボリには“誰が住むの?謎の建物”とかあるがおそらくすでにバレていると思われるのだが。
そこにはプロレス的な建前があるようだ。
反対運動のノボリは既製品みたいにきちんとしている。
手作りではなくどこかに発注して作っているようだ。

建築反対運動のノボリのトップブランドもあるのだろう。


あと“秘密”には秘密のレベルがいろいろあるようでこの辺りの判断も難しいところだ。


市ヶ谷の防衛省の地下にはアメリカ軍の施設がある。
昔工事で入ったときに口外しないように注意された。
自衛隊の人にその話をしたらアメリカ軍の存在を完全に否定された。

よほどの機密なのかと思っていたのだが。

何年か前の北朝鮮のミサイル発射の誤報の時に誤報の経緯を伝えるニュースであっさり市ヶ谷のアメリカ軍が出てきた。

機密でもたいした秘密でもなんでもなかったのかと思っていたが。

もしかしたらミサイル発射の誤報という事態の説明に少しのウソでも避けるべきとの判断があったのかもしれない。

ウソをつかずに秘密を守りぬくのは簡単なことではないだろうが。
不動産屋の女の子は自分の話の破綻に頓着する様子がまったくない。

致命的なウソではないのだが。
大人がそんなのでごまかされると思っているのか?
大人じゃなくても無理だろう。


彼女に誠意みたいなものを求めることはないが。
ファミレスのウェイトレスと同じレベルの誠意をもってして乗り切れる仕事でもないだろう。



現場は守秘義務現場。

最近はじいさんとばあさん二人でやってる洋食屋に行ってる。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。