About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月25日(月) スリッパを履いて靴べらを使うという社会性


ギネスに挑戦!
1LDKの断捨離マンションに何人入ることができるか?
そんな競技が認定されるかとも懸念された引っ越し祝いだったが。
参加者は俺も含めて8人と常識的な人数だった。
それでも椅子は足りず。
ベッドルームへの流入も想定していたがそこまではいかない微妙な人数だった。
焼肉やすき焼きなどのダメージメニューもなく宴は滞りなく進んでいった。
しかし俺は大きなヘマをやらかしていたのだ。
朝から換気のためにすべての窓を開けていた。
走っている時にも窓を開けていたし。
買い物に行く時にも窓は開けたまま。
東京マラソンも窓を開けたままで見ていた。
みんながやって来る直前になってまた買い物に出てビックリ。
外は視界に影響を及ぼすぐらいの砂ぼこりが舞っていた。
中国からの大気汚染がやって来たのか?
これはヤバいとウチに戻ると床はザラザラ。
土ボコリが積もっていた。
中国からの大気汚染ではなく高井戸小学校のグランドのホコリみたいだ。
強風で竜巻のように舞い上がったのだろう。
急いで掃除してる途中でみんなはやって来たのだ。
掃除は途中のままザラザラは完全には取れてはいなかった。
スリッパも用意してなかった。
まあそれでも大丈夫かと思っていたが。
みんなが帰って靴下の裏を見たらすごいことなっていた。
こんな時のためにもスリッパは用意しておくべきなのかもしれない。
普段スリッパを使う習慣のないおれはそもそもスリッパが何のためのものなのかがよくわかってはいない。
折衷文化の住宅におけるスリッパのコンセンサスはいまだはっきりしてはいないように思われる。
とりあえず世の中のスリッパにしばらく注目してみよう。
あとウチには靴べらがない。
デザイナーの取り分が多いような靴べらを持っていたのだが。
過去10年間で一度も使ってなかったので引っ越しの時に捨ててしまった。
靴を履く時に必ず靴べらを必要とする人がいるようだ。
建築現場での仕事には向かないだろうが。
人間が人間であることの特徴に“道具の使用”というのがある。
この際高級靴べらを買ってみようかとも考えている。
ウチのパン切り包丁がブランド物であることがわかった。
20年近く使っているのだがまったく手入れとかしてないのに少しもダメにならない。
特に意識して買ったモノでは気に入っていたが!
切れ味がいいのでパン意外のものもバンバン切っているが切れ味は衰える様子はない。
最初に比べたらいくらか衰えているのかもしれないが他の包丁に比べたら切れ味はいいので基本的にパン切り包丁でなんでも切っていた。
引っ越しの時に他の包丁は捨てたが捨てる気分になれなかった。
みんなが知ってる有名なメーカーだったらしい。
仕事でウレタン削りがある時に持って行こうかと思ったこともある。
ウレタンカッターとパン切り包丁はほとんど同じモノなのだ。
ウレタン削りに使わなくてよかったと思ったが。
むしろウレタン削り用に買ってもいいかもしれない。
値段も似たようなものだし。
絶品靴べらや絶品スリッパを買うと俺も使うようになるかもしれない。
スリッパを履いて靴べらを使うという社会性が身に付くかもしれない。
パン切り包丁のメーカーの名前を忘れてしまったのでそれはそのうち。
メーカーの名前なんてまったく意識していなかった。
なぜだか忘れたが小田急百貨店で買ったモノだ。
なんでそんなところでパン切り包丁を買ったのかは思い出せない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。