About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月26日(火) 俺が創業220年日本橋木屋のパン切り包丁を買った理由


IMG00040_convert_20130226220004.jpg
“KIYA ”って書いていたからてっきり北欧モノかと思っていた。
確かにこれはいい包丁だと思う。
そんなに高くはなかったと思うのだが。
KIYA のホームページを見たら1万円以下の包丁はなかった。
どうしてそんな包丁を買ったのか思い出せない。
歯医者に行った。
今回は美人先生だった。
美人先生は美人なうえにちょっと訛りがある。
美人で歯医者で訛りがある。
こんな完璧な女性がいるだろうか?
どの歯医者の先生にも言われるのだが歯は良く磨けているらしい。
ただ磨き過ぎの傾向があるので次回は正しい磨き方をレクチャーしてくれるようだ。
次回の診察ではひとつワガママなお願いをしてみよう。
“先生、マスクをとっていただけませんか?”
診察室に入る出前にオブジェみたいなモノがあった。
モダンアートっぽいオブジェだ。
よく見ると靴べら。
歯医者に行った後でオリンピックで靴べらを買うつもりだったのだが。
この時点で靴べらの購入は無理だと思った。
創業300年。
日本人が靴を履きはじめるはるか以前から靴べらを作り続けた男がいた。
変わり者とからかわれる男を支え続けた家族も。
万人が靴を履く未来が訪れることを信じて。
黒船を待ち続けた男。
そんな男の魂が受け継がれた本物の靴べらが欲しい。
俺は本物の靴べらを求めて旅にでる。
ワシントン条約違犯の鼈甲靴べら所持で捕らえられたとしても。
本物の靴べらを探し続ける旅へと。
おそらく、パン切り包丁の時にも似たような衝動があったのだろう。
俺が創業220年日本橋木屋のパン切り包丁を買った理由はそんなことだろう。
もっと買った時には創業200年ぐらいだったはずだ。
あんなに高くはなかったと思うので創業200年セール中だったのかもしれない。
現場はそのまんまギャッビー現場。
同業他社の下請けさんがシャンデリアを壊してしまった。
俺も使ったことのある下請けさんだ。
明日はウチも増員。
同じ会社の下請けさんがやって来る。
家に靴べらを持っている下請けさんはいるのだろうか?
俺も引っ越しするまではずっとあったのだが。
まったく使ってなかった。
よく探したら捨ててないかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。