About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月28日(木) 小田急百貨店の菓子折だった。


IMG00044.jpg
6セレブマンションリデイアード
50分26,84秒。
そのまんまギャッビー現場の狂気の残業のために今日の仕事は休みにした。
ギャッビー現場の所長は見ていて憐れなくらいだった。
もともとそんな感じなのかもしれないが俺が会ったのはわりと最近でよたよたと酔っぱらいみたいに歩いて、まっすぐ歩けていない。
まっすぐ立てなくなっていた。
夜になってよたよたと現場の中を歩いては安心していちゃもんをつけられる相手を見つけると片っ端から意味不明な文句。
そこから狂気が発生していたのだが。
俺はターゲットになるほどの面識はなかったので客観的に憐れに思えた。
ギャッビー現場はかなり特殊だ。
個人邸なのだが運営する会社まであるし、家具やカーテンやジュータンや家電品など建築とは関係ないようなものまでひっくるめての引き渡し。
いろんな人がいるうえにちょっと珍しい建物なのでやじうま的に見学にやって来る人間も多い。
誰が誰だかわからないのだ。
所長と言えども若干お客様寄りの人間は邪険に扱えない。
自分の会社の上司とかだって自分のところの女の子まで連れて見学にやって来るような感じなのだ。
そんなの無視しとけばいいのにやたらと案内していた。
そんなストレスが爆発したようだ。
材料を下げにやって来たサカタ君はいいターゲットになっていた。
サカタ君は監督出向をやっていた時に所長と一緒だったので所長にとってはかなり安心していちゃもんつけられる相手だった。
何しに来た!的ないちゃもんだったのだが。
そんな関係をしらない担当の監督は呼んだ自分に否があるかのようなストレスを感じていたようだった。
エントロピーはそんな感じに増大して俺は手配は決まっていたにもかかわらずです休むことにしたのだ。
朝から走った。
親子で歩いている学生が多かった。
道路工事の人が“卒業式か?”と言っていたがちょっと早いような。
それにお母さんは普段着だ。
いけてるお母さんもいるのでお母さんウォッチングしながら走っていたら。
あれっ?
オカヤンがいた。
子供の受験の発表らしい。
今どきは受験の発表に親子で行くのか。
知らなかった。
俺はどんどん常識から取り残されているようだ。
宅配便を取りに行った。
火災保険の書類だとばかり思っていたのだが。
他の人のローンの査定の書類だった。
間違って不在通知を入れた人も悪いがよく確認しないで開けた俺にもいくらかの否はあるだろう。
さてどうする?
金融機関・不動産屋・本人・宅配業者どこに連絡するのがいいのか?
とりあえず送り主の金融機関に連絡した。
音声ガイダンスだったらすぐに切るつもりだったのだが。
女の人が出た。
用件を伝えるとちょっと待てるかと言うので電話番号を教えた。
しばらくすると電話があって取りに来ると言う。
早いほうがいいだろう。
ローンの査定に時間がかかると不安になるかもしれない。
待っていたら菓子折を持った男が現れた。
俺がわざわざ宅配業者の集配センターまで取りに行ったことまで知っていた。
短い時間にいろいろ調べたようだ。
小田急百貨店の菓子折だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。