About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月1日(月) どうしてウチは貧乏なの?


なんて仕事だ

日曜出勤の現場はてもみん現場。
貧乏でインパクトドライバーが買えないせいで軽量鉄骨に普通のドライバーでビス留め。
しかも天井の軽量鉄骨。
ほとんど筋トレみたいな作業だ。
ボード屋さんからビスをもらったからまだいいが朝のうちはゴミコンテナの中からビスを拾うことも想定の中にあった。
コジキ仕事は免れたのだが。

文明社会のシステムに石器で挑むがごとき仕事。
暖か便座のトイレになっても労働環境は縄文式。

実は最近になってトイレの便座が温かいことに気がついた。
便座カバーとかにも否定的だった俺は電源を切ってみたのだが。
もう戻れない。
もう原発の社会には戻れないと思った。
万が一タイムスリップしたとしても
便座が温かい時代であって欲しいと思った。

俺も立派な平成君になってしまったようだ。

昼休みをはさんだせいか午後になったら筋肉疲労が激しくまったく作業が進まなくなった。
てもみん監督が電気屋からインパクトドライバーを借りてきてくれた。
なんて楽なんだ。
インパクトドライバーを発明した人にノーベル賞ぐらいあげてもいいと思った。

文明はどこまで進歩するのだろう。

長生きしようと思った。

てもみん監督はかなり変な人間なのだが。
頭はいい。
こちらの話は完全に理解している。
てもみん監督と話をしていると普段は監督に理解力がないことを前提にに話をしていることに気づかされる。
“そうは問屋が卸さない”ことの説明を放棄している自分がいるのだが。
てもみん監督は最初から理解している。
この差は大きいがそんな監督はまれだ。
ちょっとなんか言うとゴネているとしか受け取らない監督ばかり。
“だったらその図面を書いてみろ!”と言いたくなる監督ばかりだが。
そんな監督はそもそも図面なんて引けないのだ。
てもみん監督は図面とかはバッチリなのだろう。
構造的に不可能なようなものを作り上げる俺達 に感心しているようなところもある。
ただあまりに変な人間なので左遷された感じのポジションではある。

てもみん現場は大企業。
ちょうど工事をやっている東京支店の労働組合の事務所の面積がウチの会社の事務所の5倍はあるぐらいの大企業。
工事の安全ぬさかなさの会社の安全基準が要求されるのだが。
そのコスト構造が国会で問題になっているような大企業の安全基準と一緒にされてもなあ。
安全のコストをどこに転嫁すればいいのやら?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。