About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月4日(火) 母娘クッキー対決!


IMG00111_20130604112031.jpg
2セレブマンションリディアード
24分14,99秒。
仕事帰りに新宿の小田急百貨店に行った。
妹のミエコが手作りクッキーを送ってくれた。
ミエコの誕生日も近いのでプレゼントに木屋のパン切り包丁を贈ろう。
仕事中に急に思いついた。

小田急百貨店には俺のと同じパン切り包丁は置いてなかった。
スマホの写真を見せて。
20年ぐらい前にここで買ったと言うと店員さんはもう作ってないかもと言ってきた。

カタログを見せてもらうと。
あるじゃん!
まったく同じパン切り包丁。
あんないい包丁がなくなるわけがない。

しかも!
安い!
破格に安い!
木屋の商品の中ではダントツに安い。

俺の記憶では2,500円ぐらいだったが。
本当にそのまま2,500円。

木屋のホームページでは10,000円前後が中心でなかには10万円を超える包丁も。

俺もそんなに高い包丁を買った覚えはなかった。
木屋ってブランドはもちろん知らなかったし。
使い勝手がよさそうなパン切り包丁を選んだだけだったのだが。

2,500円であの切れ味。
10万円の包丁はどんなことになっているのか?
使った瞬間に自分はこの包丁で切るために生まれてきたと思える逸品に違いない。

無差別殺人で殺されるにしてもDAISOの包丁はやめて欲しいものだ。

送料もかかるのでもう少し高い包丁にしようかとカタログを見ていたが俺の2,500円のパン切り包丁が一番使い勝手がよさそう。
10,000円ぐらいは覚悟していたので2,500円は拍子抜けだったのだ。

取り寄せに時間がかかるので誕生日には間に合わなくなったが俺のと同じパン切り包丁にすることにした。

ミエコがクッキーを焼いて送ってきたのはゴールデンウィークに無塩バター論争があったからだ。
子供の頃冷蔵庫にはいつも無塩バターが入っていた。
今みたいな大型冷蔵庫の時代ではなかったので無塩バターはかなり邪魔なものだったのだが。
ミエコは俺たちが無塩バターだと言っていたものは実は無塩マーガリンだったと主張。
おふくろはそんなこと忘れてしまっていたのでミエコはそれを実証しようと試みたのだが。
無塩マーガリンは見つからずに無塩バターを使って焼いたらしい。

確かにおふくろの味とは違っていた。
ミエコのクッキーはおふくろのクッキーよりもドライだったが。
それでは数学的な証明の必要十分条件を満たさない。

クッキーはマンションの管理人さんにもお裾分けした。
そこには管理人さんとのアバンチュールを期待する気持ちが入っていたことは言うまでもないだろうが。
純粋なアバンチュールではなくマンションの暗証番号取得といった邪念も入り込んで欲望渦巻くお裾分けとなっていたのだ。
ネットで調べたら無塩マーガリンを使うと無塩バターに比べたら油っぽくなるらしい。
確かにおふくろのクッキーはもう少しじめっとしていた。
しかし、やっぱりそれがおふくろの味ってヤツだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。