About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月1日(金) 神様の専門分野。


7庄右衛門レジデンスリディアード
40分59,86秒。

“あれっ?40分?”
6周のつもりで走っていたが1周多く走ってしまったようだ。
一桁の数も数えきれなくなる認知症がはじまったのかも。

そんなことより急いでシャワーを浴びないとオーゼキが閉まっちゃうよ!
食パンを切らしていたのだ。

閉店間際に駆け込んだ。
ポイント5倍の日だったのでお酒まで買った。

昨日まで大手町の現場だった。
病的に話が長いネバーエンディングストーリー職長が復活していた。
ある程度引き渡しして落ち着いた現場で普通だったら下請けさんとかも程度のいい人を残してたりするのだが。
バカばっかり。
現場の要領とかを把握していないので俺が質問したりする立場になってしまうのだが。
精神病院とか特殊学級とかあるいは未開の地の集落に迷い込んだような異文化感。
2013年の東京大手町の地下深く未開の部族に遭遇した感じだった。

しかし工事中に朝礼開場だったところを発見したときにはちょっとした感動があった。
“こうなったのか!”
猿の惑星のエンディングの“地球だったのか!”的な感動だ。

地下2階の朝礼開場は言ってしまえば建物の中ではなく外側だったのだ。
想像だにしていなかった。

大手町の開発の規模に脱帽だが。
未開の部族の人たちはそんなことにまったく関心がないようだ。

責任のある立場でもないので虚ろな部族とは上手くやっていくつもりだったのだが。
二日目にしてだんだん腹が立つようになってしまった。
限界がきたところでてもみん現場がまたはじまった。

今日から新しいエリアがはじまる。
改修工事はだいたいそんなものなのだが初日の養生はトホホ。
養生が終わってから施工業者が入るのが筋で一応そうはなっているのだが。
細かいところまでは考えられてない。
混雑時の居酒屋のホールみたいな忙しさだ。
これからやらなければならない作業の邪魔になるようなことを自ら敢えてやらなけねばならないはめにも。
ほんとにどこに行ってもトホホな人生だ。

エリック・クラプトンは数日のバイトみたいな状態で建築業界の構造を見抜いていた。
大手町の地底部族の存在を把握していた。
さすがは神様と呼ばれるだけのことはある。
俺こそが虚ろだったのだ。

しかしエリック・クラプトンにもアッキー的なグズ太郎みたいな部分があるみたいだ。

神様と言っても司る分野が色々あるようだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。