About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月13日(水) ピーナッツのために働く男の物語


10庄右衛門レジデンスリディアード
56分32,25秒。

現場は立川。
てもみん現場でぬくぬくとして過ごしていたせいか寒さがこたえる。
てもみん現場は暑いぐらいなのに。
世の中はこんなに冷え込んでいたとは。
鼻水ぐじゅぐじゅだ。

ジュンイチに電話した。
文藝春秋の12月号を買おうかと思ったのだが。
金曜日から田舎に帰る。
ジュンイチは毎月文藝春秋を買っていたのでそのときに読めばいいかと思ったのだがいまでも文藝春秋を読んでいるのか?
もう読んでないらしい。
長年読み続けて今では新聞広告をみるだけですべてわかると言っていた。
どうしても気になるときには図書館に行ってるらしい。

文藝春秋12時号には村上春樹の新作が載っているらしい。
タイトルは“ドライブ・マイ・カー”らしい。
ラバーソウル第2弾。
ポール・マッカートニー来日の時期に合わせるあざとさ。

ミサイル兄弟も最近“ドライブ・マイ・カー”をやっていたのだ。

“ドライブ・マイ・カー”自体は特別な思いがある曲ではないがサビの前の“♪ユーキャンドウ・サンシン・インビティン”の2小節はドラムのトレーニングに取り入れて10万回ぐらいはやってきたので日本で一番上手に出来るぐらいの自負がある。
たとえ日本で一番ではなかったとしても一番練習はしてきたフレーズなのだ。

そんな“ドライブ・マイ・カー”だがイントロがまったくわからない。
謎のまま演奏している。

よくあるトリッキーなイントロでギターイントロで裏から入っているようだが。
そろが半拍前なのか後ろなのか?
何拍目の前か裏なのかさっぱりわからない。
ギターに続くベースの最後の音がoneになっているようなので用心深くそれを聞いてから入っているのだ。
ギターのイデちゃんにリズムの中で弾いてくれと頼んでみたが。
イデちゃんも聞こえたまま弾いているだけで俺のドラムを聞いてから入り直しているらしい。

半拍ずれたらいったいどんな風景が見えるのかまったく謎なのだ。

譜面に強い人なら聞こえる音を譜面に落として半拍ずらして書き直してそれを弾いてみたら新しい風景が見えるのかもしれない。

だれかカウントからはじめて弾いてくれる人がいたら。
“ドライブ・マイ・カー”はピーナッツのために働く男の歌だ。
英語の慣用句らしくカキピーと焼酎のために働くような低賃金労働者の歌だ。
もちろん本当はクルマなど持っていないで。

村上春樹の新作はそんな男の物語かと思ったのだが。
もしかするも“ドライブ・マイ・カー”のイントロを巡るミサイル兄弟のギター・ベース・ドラムの関係みたいな物語なのかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。