About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月30日(土) 和して同ぜず。


ミサイル兄弟の練習だった。
ドレミに一番縁のない俺がハード・デイズ・ナイトのイントロに一番一生懸命になっている。
そもそも♪ジャーン!のところはドラムは入っていないのだ。

しかしこれまでの♪ジャーン!はあまりにも偽物過ぎた。

偽物水戸黄門にもなれないようなジョン・レノントリビュートの集まりだが偽物にも偽物なりの努力が必要ではないだろうか。

パチモン天国の中国に対しては温かい目をもって見守る俺だが。
温かい目をもって見守られるようなバンドはやってられない。

イントロの分析を進めた。

雑に言うと♪ジャーン!はFの和音とDのサスペンデッドフォースの和音で成り立っているらしい。
指を怪我してからギターをまったく弾いていない俺は3弦の開放がなんの音なのか5弦から4度ずつたどって考える始末だった。

FとDsus4を鳴らせばなんとかなると思っていたがポイントはFのボイシングにあるようだ。
Fのボイシングがちょっと変わっていてエリック・クラプトンが鳴らすような親指で4弦5弦6弦をバレーするいわゆる外人握り。
ケンちゃんにはとても無理そうな握りだったのでイデちゃんに託した。
俺ならCのローコードを変形させてごまかすような握りをギタリストのプライドか?
イデちゃんは果敢に握ってきた。
ネットではFと言っていたいびつなボイシングもよく考えるとGがけっこう強い。
add 9thってコードではとも思ったがネットの先生がFだと言っているしイデちゃんもなにも言わずに素直に握っていたので深くは追求しなかった。

ケンちゃんはDのサスペンデッドフォースがわからなかったようだったので天国への階段の♪ジャカジャン!の音だと説明した。

偽物水戸黄門ぐらいにはなれた音だ。

帰り道の五日市街道でケンちゃんに教えたDsus 4が正しかったのか不安になってきた。
俺が教えたコードは3度の音が入っていなかった。
指をピアノのかたちにしたり、ギターの弦を1弦ずつたどりながら音を考えてみたら3度の音が抜けていた。
サスペンデッドって?
半音下の音が鳴ってたらサスペンデッドしているイメージではないし全体的に考えてもFからGまでが混みあってしまう。
俺もsus 4って和音を学術的には把握していなかったのだ。

ただsus 4は“天国への階段”の♪ジャカジャン!に代表されるように3度と4度を交互に鳴らしながらなんだ革命的な出来事が起こったかのような印象を与えるコードだ。
両方鳴っているのもありに思えた。

現場はてもみん現場。
昼休みにアッキーに電話をかけてsus 4について訊ねた。
“3度の音を4度までサスペンデッドさせるからsus 4”
昼間からかなり上から言われた気分だった。
前に酔っぱらって説教したので仕返しされた気分だった。

幕末で言えば蘭学を学ぼうと田舎から適塾にやってきた人間に洪庵先生でもなく塾頭でもないただの塾生がやたらに先輩面しているような感じだった。

昼飯は大勝軒。
土曜日はすいているのだが店員は詰めたがりだった。
ガラリと空いたカウンターに端からびっしり。
気分はいきなり短3度。
というか、FF♯Gと並んだらこんな気分なのかも。
ヘビーメタルな響きみたいだが。
いつもジャズが流れている大勝軒は今日は演歌チックなフォークが流れていた。
演歌チックなフォークの中には拓郎の“人間なんて”も含まれていた。

気分なんて和音の構成音が半音ずれるだけでずいぶん変わるものだ。

幕末の和音は3度がサスペンデッド気味だったのだろう。

和して同ぜず。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。