About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月25日(月) 仇討ちから100年後の柘榴坂


IMG00104.jpg
調布の花火大会を見に行って二日酔い。
新妻がやってきて初めての二日酔いかも知れない。
アッキーも呼んで成城学園前で飲んだのだが後半は覚えていない。
だいぶ酒に弱くなっているようだ。

二日酔いのまま現場は柘榴坂。
柘榴の仇討ちが映画化されているようだ。
浅田次郎の傑作みたいな宣伝がされているがなんかの短編集のなかの短編だったと思う。
短編だから傑作でないってことはないだろうが。
代表作とは言えないだろう。

ただ俺の桜田門外の変のイメージを決定させた作品ではある。
仇討ちのあたりはよく覚えていないのだが井伊直弼の行列がえらくリアルに描かれていた。

幕末を描く作家としてはかなり幕臭が強い浅田次郎。
幕末モノは作家のイデオロギーみたいなものが見えて面白いが。
ドラマ化されるといろんな人の手垢にまみれてうやむやにされる傾向がある。

彦根vs水戸の仇討ちはなかなかいいところをついている。

現場は古いマンションの改修工事。
かなり古い。
おそらく日本にマンションという言葉が広まる前の建物かもしれない。
王朝テイストの高級マンションだが。
よくあるブルボン王朝テイストの昭和のマンションとは違う。
ドイツの王朝テイストで銅像やら絵画が飾られている。

世の中にエアコンもなかった頃の建物なのか部屋ごとにエアコンの取り付けに苦労した痕跡が見られる。
エアコン本体と室外機をつなぐための穴が開いていないのだ。
コア抜きを避けるためなのかサッシのガラスに穴を開けて通している部屋もあった。
昭和40年代前半ぐらいの建物ではないだろうか?

柘榴坂の仇討ちからまだ100年は経っていない頃の建物だろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。