About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』       『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      走るクリス日記

走るドラマー・クリスの、ロードストーリー。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月3日(水) 住んでるレストラン潜入レポート


IMG00110.jpg
誕生日だった。
ウチに帰ると花が飾ってあった。

誕生日なので近所にできたイタリアンレストランに行ってみた。
住宅地の丘の上にぽつんと出来た謎のレストラン。
明らかに株式会社とかの法人経営のレストランではない。
店の人が2階に住んでる“住んでるレストラン”だ。
しかし高井戸の住宅地にあれだけの建物を建ててレストランの経営でペイしていくのは困難なのではとも思えるレストランだった。
むかしテレビで盛り上がっていた不味いラーメン屋に代表される、実は金なら持っている“道楽レストラン”の可能性もかなり高いと思っていた。

平日の7時過ぎ。
店の扉を開けるとお婆さんと呼ばれて久しい感じのかなり品のいい女性がひとりで赤ワインを飲んでいるだけだった。
電車で席を譲られても違和感なく受け入れられるタイプの女性だろう。
食事は終わったのかワインを飲んでいるだけだった。
景気のいいカンッオーネが静かに流れる店内には白髪の女性がふたりと俺だけ。

道楽レストランの可能性は一気に高まった。

ワイン中心のワインバーって感じでもない。
メニューはキチンと片仮名で書かれていたがそれがイタリアの地方の名前なのか食材なのか調理法なのさかは謎のままとりあえずビール。

野菜サラダと魚介類を炒めたナントカという地方だか調理法だかの名前のついた料理を注文。
これはなかなか美味かった。
けっこう本格的な感じが出ていた。
高井戸には蕎麦屋だったのを息子だかがイタリアンにしたがちょっぴり残念イタリアンがあるのだがそこにはない味だった。
バゲットを注文して炒めた汁まで完食。
品のいい女性とは目が合う度に会釈を重ねながら食事は進んだ。

そうこうしているうちにお客さんが入ってきた。
品のいい女性はそのタイミングをみはからうように帰っていった。

美人の彼女を連れた若いカップルとちょっと前に予約の電話を入れてきた親子。
親子と言っても子は俺達と同年代。
地主なの首都圏には万単位でいるかかなり裕福そうな親子だった。

スプマンテで乾杯したあとは高そうなワインをキチンとテイスティングして飲んでいた。

裕福そうな親子と俺達はウニとアンチョビのスパゲッティが品切れだったせいか同じメニューを注文していた。
海老のスパゲッティだったのだが親子は海老の頭をガリガリ食べていた。

そうやって食べるの?
俺が驚いているとこれが美味しいと教えてくれた。
出来たばかりの店だがけっこう通っているようだ。
オススメのピザも教えてもらったがこれがバカ美味。

裕福そうな親子の娘は乾杯で余っていたスプマンテをごちそうしてくれた。
遠慮なくいただいた。

若いカップルは先に帰ってまた新しいカップルが入っていた。

定休日は決まってない妙な店だがただの道楽レストランではないようだ。
場合によっては行列レストランになりそうだが住宅地での行列はヤバいかも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。